なぜ?web制作や広告会社なのに青梅物産という名前なの?と、ご質問が多いのでお答えいたします。

青梅物産は、昭和45年に先代社長、宮田碩男が東京都青梅市にて、機械製作や溶接機の販売、製作、修理などを行う会社として発足しました。青梅市を中心に半世紀近く営業をさせて頂き、地元に根付いた商売をさせて頂きました。お取引をして頂いた皆様には感謝の言葉しかありません。志し半ばにして、商売を続けることが出来なくなりましたが、私、宮田純が業態は変わりますが、屋号を引き継ぎ、株式会社青梅物産を立ち上げるに至りました。
事業形態は変わりますが、先代のように、お客様の立場に立ち感謝の気持ちを持った商売を心がけていきます。
地域に根付いた広告事業を展開し、青梅市や地域のお客様に、情報を楽しく伝え、街や人々を豊かにすることを目指していきます。

関連記事

  1. 10/17あおしんビジネスマッチング大会

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。